県民共済でコスパの良い満足する家を建てる
未分類

トイレのスイッチが壊れてしまった?

トイレのリモコンを交換

トイレのスイッチが反応しなくなった

「あれ?トイレのリモコン反応がわるい?」

なんと、トイレリモコンの電池切れサインが点灯

しています。

リモコンにはこんな感じで電池マークが出ています。 

さて、要するに電池を交換すればいいだけだなということで…リモコン外してみよう…

「どうやって壁についているリモコン、スイッチを外すのだろう」

ということで、家の引渡しを受けた際に貰った各種設備の説明書を取り出します。

説明書を見てみます。

答えは、リモコンの側面を両手で持ち、軽く少し手前に引き寄せて、上に引き上げる。
でした。

構造はシンプルです。力いっぱいに引き上げても外すことはできません。無理やりに作業しないようにしましょうね。
コツは軽い力でやさしく、手前に引き寄せながら上にあげてください。

次に、裏面の電池カバーを開けます。

スライドして、電池を交換します。

新しい乾電池を正しく入れます。

充電切れマーク消えました。

そして、今度は取付です。
壁と平行に真上から、スライドさせてはめこみます。

カチッと鳴りますので、確認しましょう。

これで、またちゃんと使うことができますね。

意外とトイレリモコンのスイッチ電源切れの時にどうしたらよいかとか混乱してしまいますよね。

まずは説明書を読んで、何が起こっているのかを把握しましょう。

もしくは、メーカーホームページにも載っていますので、インターネットで検索して調べてみましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございました。では!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。