県民共済でコスパの良い満足する家を建てる
未分類

大公開!我が家の内壁!エコカラットのオンパレード?

我が家の内壁大公開

壁紙にこだわりますか?
多くの家は家の壁は壁紙(クロス)がメインです。

僕の家では壁紙以外に、エコカラットをオプションで使用しています。
・デザイン豊富でオシャレ感が出ること
・エコカラットの機能に注目

が理由です。

僕が選んだエコカラットについて紹介したいと思います。

リビングにアクセントで入れたエコカラットのたけひご

シンプルでいろんなクロスと合いますよ!

猫の部屋に腰壁まで入れたエコカラット
→爪とぎ対策 消臭効果

ぶっちゃけてしまうと、猫部屋にはもっとエコカラット入れればよかったです。

キャットタワーの上からクロス部分に届いてしまって、壁をがりがりされました涙

玄関
エコカラットプラス

玄関の一部壁に施しました。飽きない感じで一番気に入ってるかもしれません。

シューズクローク

画像左のコンクリートが目立ってるかもですが、ピンクの部分の壁がエコカラットプラスです。

ちなみにコンクリートは壁紙です笑

トイレ1階

手洗い器のコフレルの後ろ側に施してます。

水回りのため、水に強い素材を入れました。

トイレ2階

2階のトイレの壁は暗めの色で統一したかったのでダークなカラーのエコカラットを選択しました。

洗面所  

県民共済住宅標準仕様のDAIKENの「さらりあーと」です。

水回りということで、標準なのはうれしいですね。

二階ホール

ホールの壁にアクセントの上、ダウンライトで演出しています。

寝室

基本の壁は薄いピンク系の壁紙に、アクセントにエコカラットプラスです。

もうちょっと引きだと、エレガント風に見えます笑

以上、エコカラットはそんな感じです。

ちなみにLDKについては、普通の壁紙ではなく、スーパークロスという強化された壁紙を選びました。
標準仕様で選ぶことができるので、動物を飼っている方にオススメです。

猫部屋については、別記事で改めて紹介します。

県民共済住宅では、主要な部屋(LDKや廊下)は白系の壁紙が標準です。

そのまま、各部屋も同じでいいやにすると真っ白な内装の家になります。

そのため、壁材の選び方についてお話したいと思います。

①壁材の選び方の基本としてはベースの色を決める
②必要に応じてアクセントを入れていく

つまり、ベースの色は白や薄い色などの自然に見える物を使い、アクセントにしたい場所に違う素材の物や色違いの壁材を入れていく

ここでの注意点はなるべく色の数は抑えるということ。

壁材はできるだけシンプルにするといいです。

壁材について解説します。

・クロス
クロスは安価で、いろいろな模様や柄のデザインがあるので、コスパよくオシャレな壁にしたい人におすすめです。

・壁タイル
壁タイルは耐久性が高く、内装のみならず外装にも使われています。耐水性もあるので水回りに適しています。
デザインの違うタイルを新築住宅の壁に並べて、オリジナルデザインを楽しむこともできます。
エコカラットもここに含まれます。

まとめ


内壁はデザインや選べる資材も多いため部屋に求める機能を考えて、アクセントで入れるといいですね。
僕はエコカラット好きです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。