県民共済でコスパの良い満足する家を建てる
未分類

土地の探し方

土地の探し方

県民共済住宅で家を建てる時には土地が必要になるため、土地を探すというテーマでお話していきたいと思います。

土地を探すときの方法は大きく分けて次の3つになることが多く、実際に僕もそのとおりに行動しています。

  1. インターネットで検索して探す
  2. 建てたいエリアの不動産業者に相談する
  3. 自分の足でエリアを歩いて、売地を探す

注文住宅で家を建てる際には、土地が必要ですよね。相続や古家を壊したことで土地をすでに持っている方等は問題ないですが、土地を持っていない方は家を建てることができません。

県民共済住宅は注文住宅になるため、土地が必要です。その際の注意点が県民共済住宅のホームページに記載があります。簡単にまとめると下の3点です。

  1. 更地に建てる際は、土地を用意しておいてね
  2. 県民共済住宅では土地の売買や斡旋はしていないよ
  3. 周囲の環境やプライバシー確保もしておいてね

というわけで、県民共済住宅は噂によるとコスパがよく家を建てられるから、お願いしたいけど土地持っていない。どうしよう・・・なんていう方いらっしゃると思います。

実際に僕が探した時の行動についてお話します。

インターネットで検索する!

最初にやったのは、仕事の終わった平日の夜でもできるインターネットで検索する方法です。Googleで「エリア名」+土地で検索しました。検索結果に出てくるのは、大手不動産メーカーの売地情報です。

インターネットで表示される大手不動産メーカーの土地は大体同じ土地が登録されています。

おそらく土地を売りたい人がいくつかの大手不動産メーカーに依頼して、掲載してもらっているかと思われます。

最初に検索して、出てきた土地の情報が数か月後に見てもまだ残っていて、さらに値段が少し下がっているところを見たこともあります。まあ、そういう土地なんだろうと察しました。

インターネットで検索するときの注意としては、業者が用意した画像や写真の一部だけのため、次の方法で、周辺環境を立体的にみるようにしましょう。

周辺環境を見る!

「Google マップ」を使用して土地を探しましょう。

僕はストリートビュー機能を使って、周辺の土地を眺めました。隣接している土地、建物はどんな感じか、駅からの距離、学校や病院の距離等自分の求めるポイントを満たしているかを確認します。

次に建てたいエリアにある不動産屋さんへ行き、案内をしてもらいました。

不動産業者に相談する!

インターネットで検索して、出てくる土地で目ぼしいものを控えたうえで、インターネットに載っていない土地の売買情報を得るために地元の不動産屋さんへ行きました。

まず、自分の土地に求める条件を伝えるといくつか土地をピックアップしてくれました。そして営業車で案内をしてもらい、各々の土地のポイントの説明を受けました。その中にはインターネットで表示された土地もいくつかありましたが、実際に目で見てみると気づきました。

その土地の目の前の道路がめちゃめちゃ狭かったり、車の交通量が多くて駐車が困難になりそうであったり、思った以上に土地が変わった形をしている等実際に見てみると強く感じます。

あと、不動産屋さんからその街の治安情報やおすすめの地元のお店等の話も聞くことができ、インターネットだけでは得られない情報が得られたのは利点であると思いました。

そのため、必ず土地は実際に見てみることが欠かせませんね。

歩いて、売地を探す

僕が買った土地は結果としては、その土地が売りに出ている情報を知人から聞いて、出会いました。

でも、「知人からの口コミ」では、土地を探しているあなたの役に立つかというと厳しいので、振り返ってみます。

その土地はインターネット検索で表示された1ページ目だと見つかりませんでした。どうやら他の様々な大手不動産メーカーの土地情報で検索結果が埋もれてしまっていたのです。

どうやら、その不動産業者のHPで探さないと出てこない土地というのもあるようです。その理由は別記事でお話しします。

実際にその土地を見に行ったところ、確かに看板が立っていて売地となっていました。インターネットで検索しても見つけられなかったこの土地も探そうと思えば自分の足で歩いて見つけることはできたのであろうと思います。もしくは不動産業者のページには掲載されていたので、検索を粘り強く続け、ピンポイントでその土地を見つけるという方法です。

僕としては、ある程度住みたいエリアを絞るところまでいったら、そのあたりを実際に歩いてみることをお勧めします。周囲の環境や生活イメージは実際に自分の目で見てみるということは欠かせないと思うのです。

まとめ

  • インターネットでリサーチをしっかりする(Google マップも活用)
  • 不動産屋さんに話を聞いて、周囲の環境の情報を聞く
  • 自分でその土地周辺を歩いて探索する

そんな感じで、土地を探すときに参考にしてもらえたらと思います!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。