県民共済でコスパの良い満足する家を建てる
未分類

『ルーガ鉄平』コスパのいい屋根   ~県民共済住宅~

ルーガ鉄平について

最高にコスパの良い屋根を知っていますか?
屋根について、以前お話ししてきましたが、今回は屋根材『ルーガ』に焦点を当てていきますね。

以下の順番で見ていきましょう!

  • 瓦との比較
  • 地震に強い
  • 強風に強い
  • メンテナンスに優れている

瓦との比較

ハイブリット瓦と呼ばれる屋根材ですね。
我が家で建てた県民共済住宅の家でも選択しました。
特徴を簡単に言うと従来の日本瓦の弱点を解消した機能性抜群の屋根です。

日本国内で古くから使用されている『瓦』は、非常に重いというデメリットを持っています。
屋根材の重量が重い場合、屋根全体が重くなり、建物の重心が高くなります。

地震に強い

横揺れの地震が起きた際に、倒壊のリスクが非常に高くなります。

その為、軽量な屋根材の人気が高くなっています。
スレート系の屋根材やガルバリウム鋼板などの金属系屋根材の人気が急速に伸びているのです。
建売建物などでは、ほとんどがスレートだったりします。

でもどうしても瓦を屋根にしたいと言う希望を持つ人にとっては、『ルーガ』は非常にオススメな屋根材です。

ルーガは瓦同様の高耐久力と重厚感を実現するだけでなく、非常に軽量なのです。

どれぐらいの重量かと言うと、一般的な陶器瓦と比較すると半分以下の重量しかありません。
1/2の軽さになりますので、20坪程の瓦屋根の重さが約3,000Kg〜4,000Kgと言われているので1,500Kg〜2,000Kgになる計算です。
この差は大きいと思いませんか?

地震に強いのはこの重量差から分かりますね。

台風に強い

一般的にスレート瓦や陶器瓦は、衝撃に弱くて、割れやすいという点や風に飛ばされやすいというデメリットがあります。

そこで、ルーガの登場です。
ルーガは、専用の施工方法で施工する必要があります。
そのため、専門知識をもった業者でないと施工は難しいのです。
具体的には野地板に釘で固定すると言う方法です。
その為、通常の陶器瓦と比べて、台風などの強風に対して強いのです。

屋根が台風で飛ばされてしまったというお家のリフォームの際に選ばれるのが『ルーガ』なのです。

屋根全体を軽量化することが可能になり、地震などがあった際にも横揺れが小さくなり、倒壊のリスクも低くなるということが最大の強みですね。

ケイミュー社の独自技術無機系塗膜の「グラッサコート」を塗膜に採用しています。
色あせの原因となる紫外線から光沢を守り、キレイが長持ちします。

まとめますと、
①地震に強い
②風に強い
③メンテナンスに優れている

という屋根に求める仕様として、最高の機能性を持っているといえますね!
さらに県民共済住宅で建てる場合は、標準で『ルーガ』を屋根で選択できるのです。

県民共済住宅の仕様選択の中で下記のようなっています。
発泡コンクリート瓦
ルーガ鉄平 KMEW

長い目で見て、後悔しないものであります。
おすすめします!
県民共済住宅で建てるなら、こだわりがなければ是非選びたいのがルーガです。

最後までお読みいただきありがとうございました。では!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。